FC2ブログ

ペラ班に舞い降りた救世主のお話 ―後編―

2019年最後の日にお疲れ様です。
2度目の登場、20代プロペラ設計の澤田です。

前回、ペラマスの製作をレーザー加工機の導入で自動化したことについて書きました。

今回は12月24日に東京都立科学技術高等学校の設備をお借りしてペラマスを実際に作ってきた様子を紹介したいと思います。

IMG20191224132746_convert_20191231010354.jpg
↑お世話になった都立科学技術高校の校舎。自分の母校と比べるととんでもなくきれいでした…

IMG20191224155334_convert_20191231010507.jpg
↑これが例のレーザー加工機。1回で1メートル四方の範囲で加工することができるなかなか大型のもの。

IMG20191224161623_convert_20191231010654.jpg
↑次々と生み出されるペラマスたち。手削りと比べるととんでもない速さで1枚が完成します。ちなみに写真に写っている手は、レーザー光線でガスに引火した火の熱で材料を変形させないようにするため、風を送って鎮火しています。

IMG20191224183124_convert_20191231010743.jpg
↑完成したペラマスたち。去年はこの光景を見るために1か月以上を要しました。機械ってすごいですね…

今回、お世話になった東京都立科学技術高校の先生方。多忙な時期にも関わらず協力していただき、本当にありがとうございました!

今後もこの恩を忘れず、クオリティの高いプロペラを作っていこうと思います。

それではよいお年を。






スポンサーサイト



ペラ班に舞い降りた救世主のお話 ―前編―

はじめまして。
20代プロペラ設計の澤田です。

ここ最近、このブログを更新しているのは副代表だけだったので、たまにはプロペラの話で盛り上がりましょう。
本記事では「自動化」についてお話したいと思います。

鳥人間界隈ではご存知の方も多いとは思いますが、我々TBTペラ班は代々カーボンセミモノコックペラを製作しています。
製作法の詳しい説明はここでは割愛しますが、TBTペラ班で最も重要な作業のひとつに型の製作というものがあります。

型の作り方を簡単に説明すると、始めに「ペラマス」と呼ばれる治具を作り、それらを並べた上でペラマス間に充填剤を詰め、その上からパテを盛ってやすることでプロペラの片側の表面形状を出します。

DSC_2658.jpg
↑パテ盛りの様子

さて、ここからが本題です。(前置きが長くてすみません)
必要なペラマスは合計約120枚ほどなのですが、この約120枚全てを去年までは手削りで製作していました。ペラマスは型の精度に直接関わるので、高い精度が要求されます。よってペラマス製作は班員の手先の器用さに懸かっていました。(自慢ですが私の去年の戦果は61枚です。)

そこで今年から、ペラマスの製作をレーザー加工機にて行うことにしました!

これによって約1か月かかっていたペラマスの製作期間をわずか1日に短縮、さらにボツが少なくなったことにより材料代も節約することができました。やったね!

ということで去る12月24日(世の中ではクリスマスイブと呼ぶらしい)、都立科学技術高校の設備をお借りしてペラマスをレーザー加工機にて製作してきました。

後編ではその模様をお伝えします。








秋テストフライト!

お疲れ様です。
 
副代表の皆川です。

11月の9日~10日にかけてテストフライトが行われました。


今回のTFは現設計者にとっても1年生にとっても大事な引継ぎを込めてのTFでした。

しかしながら、11月の初旬というのもあって深夜から朝方にかけて厳しい寒さに襲われました。

あいにく風は吹いていなかったので、天候に左右されることもなかったのですが、
私たち現設計者が運営として行う初めてのTFでしたので、スムーズに進めることが難しく試験時間が短くなってしまいました。





unnamed.png

今回、5世代のパイロットがそろいました。

みんな楽しそうですね。







もう12月に入って実機の作業が始まります。

なんともうすでにS-5の片翼の桁が上がりました。パチパチパチ


ELLYvkQUwAADr9n.jpg

この桁に関してほとんど2年生巻きだったとか

1年生、頑張りましょう!





次回、清掃活動 愛する者のために・・・

機体名決定!!

お疲れ様です。
副代表の皆川です。

先日、10/25に部会がありました。

そこで決定した内容は、機体名コンセプトネームコンセプトカラーです。

まず機体名。


s-260の機体名は
                「Orthos」に決まりました-!!!!

機体名



今後はOlthosの機体製作をがんばっていきます。



そして、コンセプトネームは「比翼」になりました。
     
比翼に込められた意味は、「一つの翼一つの目を持つ伝説上の鳥。二羽が互いに協力しなければ飛行することができない。
制作側とパイロット、前部パイロットと後部パイロットが協力してよい飛行をさせることができるチームであってほしい。
」とのことです。


コンセプトカラーは「ジャパンブルー」に決まりました。

japanblue1.jpg

つなぎを着たら、中も青外も青になりましたね。

更新遅くなりました。  班講習会です

お疲れ様です! 

新副代表の皆川です。
今後ともよろしくお願いいたします。

ところで班講習会です!

一年生がどの班に入りたいかよく考えるため、それぞれの班がアピールをする場です。
もうこの時期になるとすべての班が講習会を終えましたね。


今回は一部抜粋でどんなことをしたかを紹介します。


まずはフレーム班です。

カーボン桁で自転車を作ることで、桁加工を学びました。
TBT自家製のカーボン桁でロードバイクの骨組みを作り、後ろの長いロードバイクが完成しました。


フレ講習



次にペラ班です。


ぺら講習

プロペラの外皮を作って、脱型までしたようです。

みんな楽しそうですね


班講習会のついでに、一年生の班配属!

先日の部会で一年生の班配属が発表されました。

今年は一年生の希望がそのまま通り、
        
          FF班:5人
        ペラ班:4人
        電装班:3人
        翼班:7人


でs-260の機体を作っていきます。 

よろしくお願いします!    


プロフィール

TeamBirdmanTrial

Author:TeamBirdmanTrial
夏に開催される鳥人間コンテストに出場するTBT(芝浦工業大学)のアカウントです。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR