鳥コン機体設計図提出!

お疲れ様です。山本です。
前回の出場申し込み書に続き、機体設計図も完成しました!



ついに書き終わりました。渾身の力作です。
ですが、まだまだ足りないものがあります。
そう。部員の思いです!

なので、今回も作業場に思いを入れに行きます。


ガレージの外の作業場では、CFRP班とプロペラ班が作業していました。

ではでは、思いを入れてもらいます。



CFRP班の桁のような硬くて丈夫な意思が、感じられます。

次は、プロペラ班です。



どこぞの名探偵をイメージしたとのことです。
アクロバティックな思いが伝わってきますね。
手の角度まで合わせているという徹底ぶりは、プロペラ製作に誤差がないことを伝えたいのだと思います。多分。

ガレージの中の作業場では、フレーム班が機体製作していました。
鳥コン機体設計図に思いを入れてもらいます。



立たせたばかりのフレームを真ん中に手を取り合っています。
フレーム班の絆ですね。手を取り合えばどんなフレーム作業も超えていけると、
そんなメッセージが隠れているのだと思います。はい。

次に、教室作業場に行くとフェアリング班がリブを削っていました。
フェアリング班にも思いを入れてもらいます。



もう、頭があがらないですね。この書類には、それほどの思いがあります。
フェアリングパーリーが神様のように見えます。かなり強いパワーがあるのでしょう。

隣の教室作業場では、翼班が作業していました。



鳥人間一の巨大な翼を製作する班だけに、その思いも大きいです。
みんなで桁を囲んでポーズ。
必ず合格通知は来るはずです!

それでは、郵便局に出しに行きましょう。



はじめに今年の後部パイロットと委員長である自分が、思いを入れます。

そして、最後に設計者全員で、



これだけ行えば、大丈夫でしょう。
あとは結果を信じて待つだけです。

合否発表が3月下旬とのこと。その日が待ち遠しいです。

それでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TeamBirdmanTrial

Author:TeamBirdmanTrial
夏に開催される鳥人間コンテストに出場するTBT(芝浦工業大学)のアカウントです。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR